筆者は金魚を夜店で買いました。
 ある夏のお祭りでのことです。
 金魚は水道水で過ごすと、塩素の影響で弱ることは知っていました。

 カルキ抜きという薬があるということは知っていましたが、お金がかかるのが嫌でしたので、汲み置きした水を用意して、毎日金魚の水を交換しては、別の容器に水をくんでおきました。
 金魚はその後一年間育ち、とても大きくなりましたが、夜店で新しい金魚の稚魚を入れたのですが、稚魚は直ぐに天国に行きました。
 大きくなった金魚は、1センチから10センチ程度までなり、一年以上生きた後、天国に行ってしまいました。
 狭いガラス鉢に閉じ込めてごめんなさい。川に放してあげたほうがよかったですね。大きくなるのを見てとても元気をもらいました。